« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

ムレスナティーハウス【ももいちご&完熟りんご】

Photo

先日、ムレスナティーハウスで買って帰ったフレーバーティー。

ティーバッグの【ももいちご】(でかい苺のことではなく、白桃+いちご。)

リーフティーの【完熟りんご】を購入。ティーバッグ650円とリーフ850円だったかな・・・。

両方とも、40秒~1分程度蒸すだけでよいみたい。

薄いかなっと思うくらいの色&時間で、ちょうどいい濃さ。

カップに注ぐ瞬間、とてつもなくおいしそうな甘い香りがします。

ももいちごは、ももより苺の香りが強めだけどスッキリしてておいしい。

完熟りんごは、今まで飲んだことあるアップルティーで一番。

「シャキッ」ていい音がするりんごをかじったようなフルティーさです。

この前もムレスナティーハウスに行き、ティーソーダの作り方をみてきたので

【完熟りんご】の茶葉を使って、おうちで作ってみよう。

|

Six

Six

11/8(sun)までの展示なので、またSixを見にいってきました。

ブラックライトに照らされて、蛍光の水玉が浮かび上がる部屋。

その部屋にある本棚の中に岡崎京子の『「エンドオブザワールド』が並んでた。

とてもこの空間にはまっている気がしました。おいてる本は誰のセレクションなんだろう。

Sixを管理しているっぽいおじさんに聞けばよかった。

写真の人は、管理してるおじさんじゃないよ。

|

【パイレーツ・ロック】

【パイレーツ・ロック】

映画館でポツりと座る・・・

10/24(sat)

【パイレーツ・ロック】1966年のイギリスを舞台に、24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局を描いた作品。

監督が「ノッティングヒルの恋人」や「ラブアクチュアリー」のリチャード・カーティスだと聞いて

「うーん・・・」と思ったんだけど、甲本ヒロトのコメントが載っていたので鑑賞決定。

10分前に劇場に入ったら誰もいない・・・。初日なのに・・・。

ロービーにもまったくポスターとか貼ってないし、なんだかさみしい。

それでもなんとか上映直前には、15人くらいになったのでよかったよかった。

個人的には観客は少ない方が集中して見れるからよいのだけど。

そして、作品の内容は・・・、久しぶりに観に来てよかった!!と思える映画だった。

愉快・痛快・爽快!!しかも、タイタニック的要素もあったりで、

コメディー映画にとどまってないところがすごいっ!!

なにより登場人物達のキャラの濃さが面白い&せつなかったわ。

楽しいことが好きな人は、見に行った方がよいね。

【パイレーツ・ロック】

|

IKARI【うまい煎餅】

Photo

お煎餅やおかき類が食べたくなると、イカリスーパーに行きます。

種類が豊富。そして、どれもお手軽価格でおいしい。

今はまっているのが、【うまい煎餅】王道のしょうゆ煎餅です。

厚みがあるのに、硬すぎない。醤油の香ばしさがおいしい。

部屋じゅう香ばしい香りが広がるので隠れて食べれません。

最近、”濃い味ブーム”だからなのか、

醤油煎餅においても、醤油の塩気が強いものが多くなっているけど、

これは塩分も程よいです。

1袋8枚入りは、2人だと30分で完食。

おやつの中でお煎餅が一番好きかもしれない・・・

イカリで売っている【カマンベールチーズおかき】も激ウマです。

’ワールドテイスト’って書いてあるのが笑えるけど。

2

| | トラックバック (0)

ムレスナティーハウス西宮本店

  Photo_4

散歩がてら、上甲子園にあるムレスナティーハウスへ。

天然果汁で香り付けしたナチュラルフレーバーティーが有名なお店。

席に着くと、お冷じゃなく水出し紅茶を出してくれます。

【マロンクリームベリー(たぶんそんな名前)】と【赤ワインのようなぶどうの紅茶】

+リングパンケーキをオーダーしました。

【チャイの20分コース 1890円】というメニューが気になって店員さんに尋ねてみたところ、

「カルダモンやグローブ、シナモン等のスパイスをすりつぶすところから始めて
それらのスパイスを20分煮た後、
茶葉をいれて煮だし、最期にミルクを加えたチャイのことです」

と、教えてくれました。気になるわ。

すごーく気になる。でも、かなりスパイシー個性的な味のようだし、

手間をかけて淹れてもらったのに、残すわけにもいかないだろうし・・・

なかなか難易度の高そうなメニュー、いつかチャレンジしてみよう。

紅茶は、2種類ともHOTのストレートで頼みました。

どちらも、おいしかったのだけど特にぶどうの紅茶がとってもおいしかった。

香りがきつくなくて自然でおいしいーーー。

これ、ティーソーダで頼んでみてもおいしいはず
(ストレート、ミルク、ティーソーダのどれかにできるのです。)

Ringpancake

リングパンケーキは、焼きドーナッツなのだけど生地は甘くなく、

たっぷりのシロップを店員さんがかけてくれます。

あつあつもちもちで、こちらもおいしかった。もっとたべたかったな。

帰りに、【ももいちご】を買って帰ろうとしたところ

オーナーさんが熱く淹れ方をレクチャーしてくれました。

ホットティーよりも熱い方でした。

Photo_5

|

ロイズ【ポテトチッップチョコレート】

Royce2

いただきものです。

3年位前、すごい人気だったポテトチップチョコレート。

初めて食べたとき、「油の塊だわ」と思ってしまったのだけど。

その後、何度か食べる機会があって、

慣れたら&体が濃いものを求めてるときは、とてもおいしい。

チーズの風味が香るホワイトチョコレートをかけた【フロマージュブラン】

味のポテトチップチョコレートが出ているので、そっちの方がもっとおいしんじゃない?

と、おもいつつも、北海道展とか行く気力もない今日この頃。

Royce1 Photo

|

コールドスートーンクリマリー【アールグレイ&ティラミス】

コールドストーンクリーマリーでは、

秋の季節商品として【ケーキクリエーション】というのをやってるみたい。

第1弾がティラミスクリエーション 「黒のティラミス」「白のティラミス」。
(販売期間 9 月11 日~11月19日)
第2弾がアールグレイクリエーション 「紅茶のベリーケーキ」「モンブラン」
(販売期間10月16日~1月11日)
第3弾がカスタードクリエーション「クレームブリュレ」「ミルフィーユ」
(販売期間11月20日~1月11日)

で、16日からやっているアールグレイのアイスを求めて、西宮ガーデンズにふらっと。

土曜日の夕方だけど、大した行列もなくてよかった。

私は「紅茶のベリーケーキ」をイメージして作られたという

【スイートベリーティーケーキ】(アールグレイアイス+ブルーベリー+ラズベリー+スポンジケーキ)

を食べてみました。

今まで、コールドストーンのアイスは甘味が強いなっと思っていたけど、

これは、アールグレイのスッキリ&ほろ苦さとベリーの酸味でさっぱり食べれました。

私が食べたことのあるコールドストーンのメニューの中で、一番おいしかった。

もうひとつは、黒のティラミスこと

【ダーク クラシック ティラミス】(コーヒーアイス+マスカルポーネ+スポンジケーキ+チョコファッジ+ココアパウダー)

コーヒーの香りが本格的で、コーヒーの苦手な私はムリでした。

でも、好きな方なら本格的でよいんだろうな~。

・・・というか、コールドストーンはアイスが食べたいというより、

ハイテンションなスタッフさん見て、楽しい気持ちになれるからいってしまうのだけど。

|

【Benoist(べノア)のスコーン】

Photo

スコーンってやっぱ英国(ウェッジウッドとか)のお皿にのせないと変なのかな。

写真見て反省しました。

ぷらりと入った梅田の阪急百貨店で買ってみたべノアのスコーン、

プレーン(160円)とフルーツ(240円)を。

スコーンは1つずつアルミホイルに包み、オーブントースターで数分温めてください。
外はサックリ、中はふんわりソフトな焼きたてのおいしさが甦ります。

という、お店のアドバイスどおりやってみました。

ただし、ウチにはオーブントースターがないんで魚焼き器で温めます。

パンも魚焼き器でうまく焼けるので、トースター買う機会を逃してる・・・。

とにかく、温めて、クロッテドクリームもたっぷりつけて食べてみました。

外はさくっとして、中はハラハラと崩れるくらいきめが細かいスコーンです。

ん、だけど、口中にへばりついて、喉がつまるつまる。

苦しみ、もがきながら、食べきりました。ほおばりすぎたのか・・・。

丁寧に作られているのはよくわかるけど、危険なほど喉にひっつく。

味は、プレーンもフルーツも普通。わざわざには、いいかな・・・。

さいとうさんといつも「また、スコーン食べにいきたいね」といってる、

リッツカールトンのスコーンが、万人向けな感じで好きです。

キッチンになげていたら、「なに、このギャルショップの袋?」

と、だんなさんがびっくりしていたべノアの袋。

うーん、こんなロゴのギャルショップあった気がするわ。

Photo_2

|

クラブハリエ【焼きたてバームクーヘン】

Photo_8 

母が大好きな、クラブハリエのバームクーヘン。

「並んで買うっ!」と意気込んでいたので、お供しました。

ついでに、我が家用に【焼きたてバームクーヘン 630円】

を買っていただきました。

「本日中にお召し上がりください。」って文章は結構惹かれます。

サイズもちょうどいいし。

以前、とある勘違いでクラブハリエの3000円のバームクーヘンを買ってしまったとき、

だんなさん(クラブハリエ大好きっこ)が毎日食べていたにもかかわらず、

賞味期限ぎりぎりの1週間ありましたから。

大食いの私だけど、バームクーヘンはたくさんたべれない、おいしいと思うけど。

帰宅し、切り分けてみたところ、

確かに、スタンダードなバームクーヘンとは持った感じからして違いました。

軽くてふわふわです。食べても、ふわっふわ。エアリーです(は?)。

味の違いは、あんまりわからなかった・・・。

好みはあると思うけど、

私は、スタンダードなバームクヘーンのしっとり、しっかりした感じのほうが好きかも。

よく冷やした時のしっとり感が好き。

しかも、買って二日目が一番おいしい。←私だけ?

同時に食べ比べしてみるのが一番ね。

ちなみに、ハイロウズの【バームクーヘン】って曲は、すごくいい曲です。

| | トラックバック (0)

【クリームソーダ】ってメロンじゃないの?

Photo_5 Photo_6

東大寺に行った時、ちょっと一休みで入ったカフェ。

だんなさんはクリームソーダ、私はココアフロート。あと二人は珈琲で。

私のココアフロートは、期待してなかったけど意外と本格的でおいしかった。

だんなさんのクリームソーダをちょっと味見、「うん?これ青りんご味?」

だんなさん、メロンと思い込んでいたようで、一口飲んで

「いわれたらそうかも・・・」と、味覚ってホント曖昧ね。

クリームソーダってメロンソーダ+アイスクリームって

思い込んでるのは私たちだけでしょうか・・・。

グリーンの色が一緒だからなんとなくだまされた気分よ。

クリームソーダにするなら、絶対、メロンソーダの方が合いますよ。

| | トラックバック (0)

奈良の大仏さんと鹿

Photo_2 

3連休、両親が遊びにきていたので、奈良へ行ってみることに。

両親は、中学校の同級生。

そして、中学生のときの修学旅行が京都・奈良。

「泊まったのは、あの宿じゃなかった?(45年前だよ???)」

「この池であそんだなー」とかいって、15歳に戻ってはしゃいでる両親。

その横で、動物嫌いの私は、「鹿に鹿せんべいを手渡しで食べさせろ!」

と、だんなさんに動物愛護のスパルタ教育をされておりました。

鹿の口がよってくると、手がゾゾゾっとしてせんべいを落としてしまうのです。

ヒト以外の生き物には、近寄れません。ヒトにもあまり近寄らないんだしね。

Photo_4

そして、東大寺に行き大仏さんを拝見。

「奈良の大仏さん」と呼んでしまうけど、

正式名称は、東大寺盧舎那仏像(とうだいじるしゃなぶつぞう)だったわね。

正面から見るより、横から見たほうが大きさを実感できます。

ずっと眺めていると、穏やかな気分になるから不思議です。

ぐるっと回って、おみやげ物の売店で

まんとくんとせんとくんのキーホルダーを買う母。

「廃れた時に、"せんとくん騒動"を思い出して笑える。」

から、買ったらしい。

私は、かわいいと思う。まんとくんはもちろん、せんとくんだって。

最期に、興福寺で「お堂で見る阿修羅像」というのをやっているから行こうっ!

と、はりきっていったら、10月17日からでした。1週間早かった。

残念・・・。今月中にまた、行っちゃおうかな、奈良。

Photo_2

| | トラックバック (0)

ガトー・フェスタ・ハラダ 【グーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート】

Photo_7

10月になったので、ハラダのグーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート

再販されはじめました。

でも正直、並ぶのは・・・、と、悩んでるうちに、心優しい方から頂きました。

いつも、ありがとうございます。

ハラダのラスクは、バターと砂糖の具合が、お上品。

キメが細かくて、サクッパリッ、としてます。

おいしいラスクをつくるために、ラスク用フランスパンを研究したらしいわ。

そんな、おいしいラスクをホワイトチョコレートでコーティングしたお菓子が、

グーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート

口の中で、スルッと、とろけるホワイトチョコレートが、

すごく、すごく、クリーミー、そしてクリーミー。

この口解けのよさが、すきです。

ハラダはラスクの地位を、格段に、上げたと思う。

梅田の阪神百貨店は、また大行列ね。

2_2

| | トラックバック (0)

はらんぼの黒胡椒焼

Harannba 

高知土産です。

鰹の珍味です。

「はらんぼ」とは、マグロで言うところの、トロの部分らしい。

食べやすいスティックタイプ。袋から出さずに食べれます。

パクッと食いついたら、プンっと燻したような匂い。

そして、黒胡椒の香りと辛味がよい感じにあとからきます。

「黒胡椒のみで味付けしました」と書いてあるけど、塩も使ってない?

うっすらと塩気をかんじておいしい。そして、やわらかい~。

まぁ、普通は「おつまみ」として、なんだろうけど、

お酒飲めないから、おやつということで。

Photo_10

↑「勝男武士」と書いてあります。なんだか高知っぽい。

高知にいくと、鰹の珍味、生節(鰹節のやわらかいやつ)

はどこでも、売ってます。バリエーションも年々豊富に。

生節の、塩味やにんにく醤油味、もおいしい~。

高知は、酒文化だからなのかお土産物のお菓子は、あまり・・・なかんじ。

でも、食事やつまみ系は、おいしいものがたくさんある。

野菜もおいしいし、ひそかにメロンもおいしい。

| | トラックバック (0)

【サザエさんの人形焼き】

Photo_3 

♪サーザエーさん、サザエさん、サザエさーんはゆかいだなー♪

東京土産で、頂きました。

サザエさんの人形焼きは、何度か頂いたことがあります。

中にあんこや、バナナクリームが入ったものは、

身長6、7センチくらいあるから、一口めをどこにしようか、と、

一応、迷ってみたり・・・。

首でちぎり、頭をパクッと食べて、

「残酷な食べ方やな~」っといわれる。

これが、人形焼きを食べるときのお決まりの流れ。

この度のは、アンが入っていないプチサイズなので

一思いに、口の中へ。

口内水分全部吸い取られ、牛乳が欲しくなるわ。

Photo_4 Photo_6

ちょっと、へちゃげたサザエさんとカツオ君、正座してるの?

右は、マスオさんのはず。鬼太郎に出てくるサラリーマンみたい。

人形焼は、楽しいな。

| | トラックバック (0)

DAIM

Daim2

さいとうさんから、頂きました。ありがとうございます。

世間の噂によると、

店頭でDAIMが買えるのは、IKEAだけらしいね。

バータイプのものは、始めて食べます。

裏を見ると、「ダイム入りチョコレート」とかかれている。

ダイムって、中のキャラメルのことをダイムっていうのかな?

このバータイプのものは、

チョコレートの中に、アーモンド入りキャラメルを砕いたものが入ってます。

折るには、厚みがあるので、力がいるわ。

私は、300kg級のファットボーイ気分で、思いっきり、かじりつくけど。

チョコレート+キャラメル+アーモンドってかなりくどくなりそうなのに、

ちょっと塩味がするせいか、パクパク食べれてしまいます。

私が、さいとうさんに薦めたはずなのは、こちら↓の一口サイズのDAIM。

Daim

ダイムをチョコレートでコーティングしたもの(チョコレートよりダイム率が高い)。

1個ずつキャンディーのように包んであるので、

食べ過ぎ注意に、いいはず。

冷蔵庫で冷やして、中のダイムをカリカリにして

食べるのがおいしいっ。

さいとうさん、次こそ、これ↑食べてみて。

Daim1

| | トラックバック (0)

マイケル・ジャクソン 【スリラー】

Michael

マイケル・ジャクソンの死による、マイケルフィーバーのドサクサにまぎれ、

ノリでマイケル・ジャクソンのDVDをもらってしまった。

まったく、ファンではないし、ブラックミュージックのカテゴリ自体、

私の中には、ないな~。

でも、PVは気になる。スリラーが気になる。

スゴイといわれるものは、見ておかないと!

もらってから、2ヶ月ほどたってしまったけど。

今日こそ見よう!と再生しました。

すごいね、マイケル。ほんとに、天才的。

スリラーのPV、3回連続再生しました。

PVっていうより、ホラーの短編映画です。

本気で怖いもん、大興奮。

晩年のマイケルを思うと、なおさら怖い。失礼。

ダンスもかなり寄進だし、唯一無二のスターだったんだなと感心したわ。

あれ、って20年以上前の作品だと思うけど、

それ以降スリラーを超えるようなPVって、未だないんじゃないかな。

映像技術は進んでるのに、

マイケルを超えるスターが、まだ現れないってことね。

他の曲のPVも、マイケルだからこそできる、個性的で新しいものでした。

スリラー、踊れるようになりたいわ。

ぜったい、いつかおどってみせる。

| | トラックバック (0)

でざあととまと

2

とんねるずの食わず嫌い王で芸能人御用達お土産ランキング

第1位に「佐野屋の完熟トマトゼリー」がえらばれて以来、

岡山では、いろんなトマトゼリーが売られるようになりました。

佐野屋は岡山の会社なので。

今回食べた、【でざあととまと】は、岡山県青果物販売㈱というとこのもの。

実は、トマトゼリーの元祖はここらしいです。

それ故か、佐野屋さんより50円高く1個578円。

母が「ゼリーじゃなくジュレなんよ」と、イチオシで、土産にもたせくれました。

ジュレの定義がわからんけど、ゼリーよりトロトロなのかな・・・。

トマトが丸ごと入ってます。

トマトのコンポート(?)のまわりをジュレでおおっております。

思いっきりトマトなのだけど、青臭さはなく、おいしい。

トマト丸1個を食べていることになるのだけど、

ずるずるっと、あっという間に完食です。

周りに、トマト嫌いの人がいないので、

嫌いな人でもおいしく食べれるか、知りたい。

トマト嫌いを探さないと!

佐野屋のトマトゼリーは何回か食べているけど、

こちらの方がスッキリした味な気がします。

トマトの完熟度は、佐野屋がダントツ。

どちらも、おいしいことに、違いはないけどね。

1

| | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »