« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

MADOMADO【琉球生姜紅茶&アソート】

Photo_2
マドマドにて、お茶タイム。
『琉球生姜紅茶』とアソートを。
(アソートの内容は、スコーン&栗のクグロフ&アップルパイ)

甘いアップルパイとクグロフに生姜紅茶がよく合います。
辛味はあるけど、飲みやすくっておいしい。
自分で生の生姜と紅茶を煮込んで、
「生姜紅茶」を作ってみたことがあるけど、
あれは、イマイチだった・・・。

マドマドの「生姜紅茶は」乾燥生姜(みじん切りっぽい)を使い、
琉球紅茶の茶葉とオリジナルでブレンドしているらしい。

お店の味を知るのも大切ね、
危うく”「生姜紅茶」=おいしくない”で終わるところだったよ。

|

【キムチ】

Photo_3
『キムチ作り』をしました。
その結果、今週の私はくさかった。
特に指先はにんにく臭がきつかった。
手袋していたのに・・・あ-あ。

周囲に迷惑をかけてはならないと、
職場では、可能な限り、
小さく背中を丸めて過ごしみたり。
(外に臭いを発さないよう、内に溜め込むように。)

漬けて三日目のキムチは、
浅漬けのようにさっぱりしていて、
ちょっと物足りない。
ヤンニョム(漬けダレ)が少ないからかな。

冷蔵庫代わりのベランダで
熟成させて、酸味を出そう。
味の変化が楽しみだ。

Photo_7




 

| | トラックバック (0)

モトマチ喫茶【ピーナツミルク】

Photo
珈琲が飲めない私にとって、
珈琲自慢の喫茶店は、敷居の高い場所。
単なる被害妄想のようなものだけど。

と、思いつつ、昭和な雰囲気に惹かれ、
密かに気になっていた【モトマチ喫茶】
外から眺めるばかりだったけど、
この日は珈琲好きの母が遊びに来ていたので、
心強く思い、やっと入ってみることができました。

私が飲んだのは”ピーナツミルク”というHOTな飲み物。
一口飲んだら、
「コレ、めっちゃピーナツよっ!」っと周りに知らせたくなるくらい濃厚。
おいしいのだけど、私は三口で満足、飲みきれなかった。
無類のピーナッツバター好きの方には是非飲んでいただきたい!

ブレンド珈琲は、
「飲みやすいながらも苦味があってとってもおいしい。」
らしいです。

【モトマチ喫茶】のロゴを見ると、
以前、はまって見ていたクドカン脚本のドラマ
『マンハッタンラブストーリー』を思い出す。
あのドラマを見て、
喫茶店の常連さんになることに憧れていたな・・・。
















|

【きび餅】

Photo
職場の方にきび餅をいただきました。
「何もつけずに食べや。」とご指導いただいたので、
何もつけずに食べてみました。
ほんのり甘く、ほのかに香ばしく、
確かに、このまま食べるほうが味わい深いかも。
京都あたりにある、きな粉のきび餅もおいしいけど。

もち米100%のお餅ほどには伸びません。
だからでしょうか、 
ちょびっとだけ中身がぷくっと飛び出して、
愛嬌ある形に焼き上がりました。

|

cafe SPARK:Scone&bicycle【スコーン】

Spark
三宮の県庁近くにある【SPARK】は、スコーン&レンタサイクルのお店。
『レンタサイクルとスコーンのセット』なんかもあるらしい。
イートインもできるらしい。

だんなさんがお土産として買って来てくれたのは、
〈プレーン、レモン&クリームチーズ、ヴァローナチョコレート、バナナ、いちじく&くるみ、ラムレーズン〉
(あ?今気づいた、食べすぎじゃ・・・。)
いろんなフレーバーがあると食べ比べできるのでワクワクする。
それで、ついつい・・・。

気に入ったのは、〈イチジクとくるみのスコーン〉
イチジクが生地に練りこまれているので、
食べるたびに均等にプチプチするのが面白い。
〈ヴァローナチョコレート〉はスコーンには珍しく濃厚な味。

全体的に、
サクッ、ホロホロ、なスコーンでした。
おいしいというか、なんか楽しい。

|

松屋製菓【 (生)沖縄黒飴 】

Photo_6
またも、飴ネタ。
最近、『外は黒飴、中は黒糖、の2層構造』の飴にはまっています。

いろいろ食べ比べてみた結果、
我が家では、松屋製菓【 (生)沖縄黒飴 】(写真中央)がダントツ人気。
これ以外は似たり寄ったり。

黒飴の中にちょこっと黒糖が入っているものが多い中、
松屋製菓の飴は、
「黒飴の膜が黒糖を包んでいる」といった感じ。
カリッと噛むとほろほろっと黒糖が溢れ出てくる。
思い出すだけで、生唾が・・・。
↓この絵をみても、生唾が・・・。

2









|

舟和【芋ようかん】

Photo_4 
東京に行かなくても、
百貨店の〔全国の銘菓〕コーナーで買えるんだね。
知らなんだ。

お芋と砂糖と食塩だけでできているらしい。
そりゃー、おいしいよな。芋まんまだもん。
バターで焼いてもおいしいらしい。
スウィートポテト風。

この袋や、包み紙の「浅草っぷり」もいい。
Photo_5

|

西宮えびす【福飴】

Photo_2
えべっさん帰りに《福》を持ち帰ろうと、一袋購入。

金太郎飴は、
しばらく大人しく舐め、
中がスカスカ(蜂の巣状)になってきたら、
一気にシャクシャク噛む、
という食べ方が好き。

ベロ、真っ赤。

|

【童玉】

Photo
センタープラザ西館B1Fの沖縄物産店【わしたショップ】にて。

”せつないのどに”
と、いうキャッチフレーズに くすぐらた。
今後、喉の調子が悪いときは、
「ちょっと、のどがせつないわ。」と言おう。
なんか、かわいらしい。

この飴、シャカシャカ(サクサク?)した噛み心地でおいしい。
原材料は、黒糖・ココナッツミルク・ハッカ、

無香料・無着色、手揉み業で丹念に練りあげた、
ほんのり甘い、優しい飴。優しい味。

第28回「那覇の物産展」那覇市長賞審査会にて『最優秀賞』受賞!
らしいです。

|

【髪を切りました。】

Photo_5
頭の中でアギネスを思い浮かべながら、
「前回より短く、可能な限り短く。」とオーダーしてみた。
一度短くしだすと、エスカレートしてしまう。

Image
でも、私は日本人なのでこうなる。
(天パじゃないのでここまでモリモリしていないけど。)


洗髪後の私を見て、だんなさんが
「ロッドスチュワートみたいやね♪」
と微笑んだ。
Rod20stewart
今、一生懸命「伸びろ~、伸びろ~」と、
髪をひっぱています。

|

FRESHNESS BURGER【VEGETABLE BURGER TOFU】

Tofu   
まさかの”おとうふ”が主役のハンバーガー。

私的にはアリ。いや、かなりアリ。
ハンバーガーのクセして、超淡白なのがいい。
中身は豆腐とアボガド、トマトにレタス。
ソースは、甘酸っぱくて(←たぶん、そうだったはず。)スパイシー。

おいしいよ。
フレッシュネス、結構好き。
Photo_3

|

トラピックス【丹後20大味覚てんこ盛り祭】日帰りバスツアー

Photo
カニはたくさん食べられるもんじゃない。
半身で満足。
でも、意外とエビはたくさん食べれた。
焼いて殻つきのままバクバクと10匹ほど。

《梅田発→天橋立→出石→城崎→梅田着》
可能な限り内容をぶち込んだ強行ツアー。

2
雨の城崎、滞在時間1時間20分。
足湯しか入っていない。
また、ゆっくりこよう。
Photo_2
ツアーの特典、10品のお土産付き。
目玉は新巻鮭。
”日帰りバスツアーの土産に新巻鮭を抱えて帰宅”
が、同行した友達と私の2010年の目標(?)だった。
年の瀬に目標が達成でき、清々しい。
2010年のよい締めくくりが出来た。

2011年は、芋掘りツアー(そんなのあるのか?)に参加したい。



|

無印良品【トナカイのクッキー】

Photo_3
無印でレジ待ち中、
レジ横で発見した「自分で組み立てるトナカイのクッキー」
この日は12月27日、
クリスマス商品だったこのクッキーは、
早くも50%OFFのおつとめ品に成り下がっていた。
「面白そう」と思い、迷わずカゴへ。

ペンチョコで描いて自分で仕上げる。
これがなかなか難しい。
やり直しがきかないし。
星マークが中国の国旗っぽくて、
なんだかな・・・な出来。

|

茶房 和三盆【苺のスムージー】

Wasannbon
帰省したので、愉快な仲間とティータイム。
「岡山で今一番熱いエリア問屋町」へ。(←育子がいつも言う。)
2日なのに【茶房 和三盆】は、お店を開けていた。

店名から連想するほどの和風さはなく、イマドキなドリンクメニューが豊富。
”口溶けチョコミントスムージー”や
”アロエとシークワーサーの美肌スムージー”
なんかも気になるな~。

Photo
今年も変わらず、我が道を行く↑この人。
みんながSWEETSをオーダーする中、
「海鮮丼食べたい!」と海鮮丼セットを頼む。
が、セットの天ぷらそばを先に勢いよく平らげてしまい、
海鮮丼を苦しみながらチョビチョビ食べるという始末。

新春初笑い。
楽しい会話と行動をありがとう。

|

巴堂本舗【ジャンボ坊ちゃん団子】

Photo
気づけばすでに1月5日。
年末年始の暴食生活を反省。
胃と体が、とても重い。
だけど食欲は、まったく減らない。
反省はしたけど、1月いっぱいは暴食予定。

写真は暴食の証。ジャンボ坊ちゃん団子。
右の通常サイズの9倍あるらしい。
あんこの中はお餅入り。

|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »