« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

ねんりん家【マウントバームしっかり芽】

1
東京土産にいただきました。
ねんりん家の【マウントバーム しっかり芽】

たまごとバターの波が押し寄せてくるー。

「バームクーヘンは好きじゃないけど、ねんりん家のは好きっ。」
っていう人、結構いますよね。とても人気。
正直、私には少々濃いかった。
シンプルなホレンディッシェやクラブハリエのほうが好みだな。

少し固めのギュッとなる食感はよかったです。

|

MUJICA【チキントロピカルサンド】

_ 
ちょいと前に堂島のMUJICAでランチをしました。
一度、「ブランジェリ・タケウチの箱パンを使ったサンドウィッチ
を食べてみたかったのです。

おいしくないわけがないっ!と、期待していましたが、
期待通り。ホントに、本当に、おいしかった。
どうおいしかったのか上手くいえませんが、
バランスというか、、、具合がちょうどよかったのです。

特に、パンの形と固さが最適っ!
持ちやすいし食べやすい。さっくりふんわり。
中身がぴゅっと飛び出して、食べるのに四苦八苦なんて事もなかった。
ストレスを感じずに食べれたからおいしさ倍増!

今まで食べたサンドウィッチの中で一番おいしかったな。

|

BURDIGALA【パン・オ・セック】

_
大好きなブルディガラで、ラスクを買ってみました。

この写真でラスクの照りというか艶?感が伝わるでしょうか。
表面が飴でコーティグされたような感じ。
飴というか・・・、カラメルというか・・・、
チェルシーが表面に塗られているような感じっ!
それゆえ、ガリッバリッとかなり歯ごたえのある食感です。

とっても甘いのだけどバニラやバターの風味とコクがあり、
歯ごたえも合わさって、
さすがブルディガラ!な大人のラスクでした。
おいしっ。

|

WILKINSON【ジンジャエール 辛口】

Wilkinson
ウィルキンソンのジンジャエールが
ペットボトルになってうれしいな♪
手軽にコンビニで買えるもんな。

ただ残念なことに、
ビン入りのジンジャエールとは、ちょっと味が違った。
ペットボトルのジンジャエールは、
人口甘味料を使ってカロリーゼロにしているので、
舌に甘さが残る。
ビンと同じ味にしてくれたらよかったのにっっ。
辛さはピリリときいていて、いい感じ。

|

HOLLANDISCHE KAKAO-STUBE 【バームクーヘン】

Photo
カタカナが苦手なので、店名が覚えられません。
【ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ 】

とてもしっとりしております。
類稀なるしっとり感。口の中で崩れます。
お酒がきいております。
ドイツ菓子独特の風味があるような・・・。
「上等な外国のお菓子」といった感じ。

パッケージデザインが素敵。
_

|

STARBUCKS【ソイストロベリークリームフラペチーノ】

Photo_5
豆乳で作ってあるからなのか、
まったりしすぎないでおいしい!
もっとあまーいのかと思ってた。意外とさっぱり。
ハマリそうだ・・・・・

冬場は、「キャラメルスチーマーを豆乳で」がスタバでの私の定番だったけど、
夏場はこれだな。

|

甘春堂【和菓子作り体験】

Photo
ボケボケ写真しか撮れていなくて残念。
さいとうさんと京都で和菓子作り体験をしてきました。
「干菓子」「ういろう」「練りきり」「きんとん」の4種類。
職人のおじいさん(?)がざっくり作り方を教えてくださいます。
雰囲気を楽しむものなんだからざっくりでいいのだ。
無心になれる作業は楽しいな。

きんとんで作った紫陽花はその場でお抹茶といただきました。
お持ち帰りしたういろうで作った梅(左)、桃に見えるが、梅。
これが一番おいしかった。
でも、丸まる一個はやっぱり食べきれない。
Photo_4

|

キルフェボン【桃のタルトetc…】

Photo
京都のキルフェボンのテラス席、よいです。
虫にたかられるんじゃないかと心配していましたが、
まったくそんなことはなく、
高瀬川のせせらぎがとても心地よかった。
せせらぎに癒されるお年頃。

心地よすぎて、タルトを二つも食べちゃった。
桃のタルトとチョコミントのタルト。
どちらもおいしゅございました。
さいとうさんの”杏仁クリームとマンゴーのタルト”が
すごく面白い味だった!
一口食べたら、いきなり中華街にきた気分。
キルフェボンは未知な世界が広がっているね。
Photo_3 

|

【らくがき】

Photo_4
サマソニにレッチリが出演するというのを聞き、
思い出したようにレッチリのDVDを久々に再生してみた。
【LIVE AT SLANE CASTLE】
このLIVEのレッチリは最高。すばらしすぎる。
'07の京セラドームのLiveは不協和音な感じだったけど。

ノリノリになりながら落書をしていたら、
描く手までノリノリになり、ロックスター大集合。
(レッチリは一人もいないけど。)
チバユウスケが「坂上忍」に見えることが悔しい。
カート・コバーンは、
カートなのかカートもどきの山田孝之なのか。
隙間に小さく描いたフレディ・マーキュリーが
鼠先輩みたいになった・・・。
似顔絵って難しいな。

|

盛岡正食普及会【ロシアビスケット】

Photo_2
口内環境も落ちつきつつある今日この頃。
少し前に注文し、生産待ちだった【ロシアビスケット】
が届きました。

前歯じゃ噛めないほど硬い無添加のビスケット。
ボリッと奥歯で噛んだら小麦の濃い味がしてきます。
小麦胚芽も入っているらしい。
『滋味』という言葉がぴったりのおやつ。

味は「くるみ、レーズンくるみ、玄米ごま」の3種。
玄米ごまは小麦ではなく玄米粉を使用しているためか、
他の2種より硬くなくサクサクしています。
個人的には、硬い方が好み。

5枚入りで800円はなかなかのお値段ですが、
食べれば納得。
定期的にお取り寄せしたいおやつです。

|

【野球観戦】

Photo_2
チケットを頂いたので行ってきました。
交流戦:阪神VSソフトバンク@甲子園

福岡出身のだんなさんはソフトバンクファン。
私は野球には興味がないけど、球場グルメに興味津々。
そして、ちょびっとムネリンを応援。
(面長で鼻筋の通った顔にトキメキがち)

早めに仕事を切りあげ先に観戦していた旦那さんは、
なぜか、フランスパンとオレンジを外で買い込んできて
涼しい顔して食べていた。
あなた何人?九州男児とは程遠い。
私の手にはがっつりジャンボ焼き鳥が。

↓後半、冷えてきたので【城島流とんこつラーメン】を。
ジョージ・マッケンジーのステッカー付きが意外とうれしい。
George_mckenzie

|

石垣食品【フジミネラル麦茶】

Photo
そろそろ麦茶の季節。
麦茶といえば、昔ながらの【フジミネラル麦茶】
ミネラル石がはいっています。
(カルキ臭さを和らげるらしい。)

麦茶を飲むと、ノスタルジックな気分になるのは
私だけでしょうか・・・。
そんな気分とこの昭和なパッケージがとってもマッチします。
このパッケージデザインを貫いていただきたい。

味がしっかり出て、おいしいです。

|

DOUGHNUT PLANT【Triple Berry Soybean Milk Doughnut】

Photo
今の私の口内環境では食べられないと、
重々承知してはいるのですが、
このビジュアルを見てしまったら、
買わずにはいられなかった・・・。
お店の方が
「今日はベリーの色がきれいに出ています。」
とおしゃっていました。湿気に左右されるらしい。

ドーナツプラントのトリプルベリー。
ベリーのグレーズが甘酸っぱくてとってもおいしい。
このグレーズのおいしさはなかなかすごいと思う。

ナイフとフォークで2cm角に切っていただきました。

| | トラックバック (0)

赤福【赤福氷】

Photo
いや〜、親不知ってホント怖いですね。
虫歯になっていなくても生え方が悪いと神経を刺激するようで、
明け方に冷や汗が出るほどの激痛。
鎮痛剤のボルタレンも、病院の点滴も効かず・・・
私的な事情により抜歯をためらっていたのですが、
我慢できず、暴君親不知とさよならしてやりました。

よって、只今、片方のほっぺがパンパンです。
口が開かないのでお腹が空いても食べられない。
大好きなおやつも食べられない、悲しく侘しい日々。

そんな中、私を慰めてくれた【赤福氷】
抹茶蜜のかかった氷の中にこしあんとお餅が二つかくれているかき氷。
こしあんと氷が一緒にすーっと口の中で溶けてゆくので、
今の私に最適。
粒あんのように主張しすぎないので、さらっといけます。

梅田の三越伊勢丹の【赤福】には、
お茶屋が併設されていてそこで【赤福氷】がいただけるのです。

Img_9722

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »