« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

PORCELLINO CAFE【ジェラート】

Photo_2 
中華を食べた後、「ちょっとさっぱりしたいなぁ~」と、
三宮の高架下にあるイノシシが目印のカフェへ。

20種類ほどあるジェラートの中から、
ダブルで〈塩ミルク〉と〈パイナップル〉を選びました。
が、甘ったるくて果汁度が低い
アイスクリームのようなジェラートでした。
残念、さっぱりできなかった・・・。

ここはハンバーガーがおいしいよ、と聞いたことがあるので、
機会があれば、今度はそちらを食べてみたいな。
2

|

【かんてんぱぱの・・・】

Photo
【タピオカ餅入りココナッツミルク】
さいとうさん、あの謎のおやつの正体です。
あの”餅みたいなやつ”はタピオカ粉で作られたお餅だったのです。
↑本当は写真のような形になるはずだったのでしょう。
「寒天を溶かすのを失敗したんじゃない?」
なんてあまりにも失礼すぎましたよね、私達。

でも、お友達のおうちで「手作りパンナコッタだよ」
ってココナッツミルクを出されたら動揺するよね。
しかも「かんてんぱぱのセットで作った」って言われたら尚更。
どこに寒天が使われているんだろうか・・・と。
結局、かんてんぱぱのセットではあるものの、
寒天は使われていないよう。
まぁ、いまだにあの子は「パンナコッタだ」と言い張っているけどね。

”餅みたいなやつ”扱いしてしまったけど、
タピオカ餅おいしかったよね、さいとうさん。
2_2 

|

源吉兆庵【白桃ぜりぃ】

_
【源吉兆庵の白桃ぜりぃ】を実家の冷蔵庫より救出。
綺麗な包装により、中身への期待がふくらんでしまいます。

果実がごろっと系ゼリーではないのだけど、桃の繊維を感じます。
桃のような食感。
手間も、桃の分量もたくさんかかっていそう。
ただ、和菓子という定義での「ぜりぃ」だからか
少々甘く感じました。

ところでこれって一人分なのでしょうか?
一人でつるっと食べてしまいましたが、
一人分にしてはかなり大きいのです。
お値段も結構しますし、
一人で食べてしまうのはちょっと贅沢だったかも。
でも、ゼリーを切り分けたりしませんよね・・・。

|

イグレックプリュス+【ミルクジャム付きバームクーヘン】

_
「”バームクーヘン×ミルクジャム”だなんて如何なものか・・・」
と、怪訝な顔で一口食べてみたのですが、
あらまぁ、おいしいっ。
とっても甘いのだけど嫌な甘さではなく
「リッチな味わい」というヤツでした。
ジャムをつけずに食べてみようと思ってみても、
ついついミルクジャムに手が伸びてしまうくらい。

プレーンにはミルクジャム、
抹茶には苺ミルクジャムが付いています。
抹茶と苺は少々喧嘩しているように感じたので、
抹茶にもミルクをかけていただきました。
マダム・シンコを完全否定し、
シンプルバームクーヘン派の母でもこれは喜んで食べておりました。

|

GODIVA【アイスクリームトリュフ】

Godiva_
こちらも実家の冷凍庫で発見。
あっまっっっい。
濃厚というより”甘い”が先立つな。

ブラック珈琲のお供によさそう。
珈琲を飲めない私が言うのはおかしいのだけれど。
冷た~いものを食べた後、
暖か~いものを飲んでジワーっと温まってくるあの感じ、
幸せ感じます。

あっ!今噂の紅茶のエスプレッソに合いそうだ。

先に母が食べつくしていたタルトグラッセ、
コレ気になる~。
Tarteglacce_520px

| | トラックバック (0)

【因島のはっさくゼリー】

Photo_8
お土産でいただく機会がしばしばある【因島のはっさくゼリー】
パッケージのキャラがずっと気になっていたので、調べてみると、、、、、

名前が「はっさくボーイ」だった!!!ス、ストレートすぎる・・・。
なぜ?なぜなんだ?キャラは変化球気味なのに。
私は「はっさ君」にすべきだと思うわ。
(ん?同レベル?)

中身のゼリーは八朔がゴロッとはいていて
なかなかおいしいんだけどなぁ。

|

慈恩精舎【蓮根アイス】

Photo_5
岡山に帰省した際、
「おいしくて、珍しいものを食べに連れて行ってくださいな。」
と、父にリクエストしたら、
【慈恩精舎】という蓮根料理のお店に連れて行ってくれました。

蓮根づくしの【れんこん会席】なるものをいただきました。
覚えている限りのメニューでは・・・

れんこんコロッケ、れんこん明太子射込み、れんこんの松風、
れんこんの刺身、れんこんうどん、れんこんシュウマイ、
れんこんの蒲焼きと生麩田楽、れんこんカツ、れんこん饅頭、
れんこんの創作寿司、
そして、デザートにれんこんアイス。

蓮根の切り方やすりおろし方も様々で、
サクッとしたり、モチっとしたり、ホクホクしたり、
食感のバリエーションがすごい、蓮根って芸達者だなぁ。
どれもこれも手が込んだお料理ばかりで、大満足。

ちなみに、蓮根アイスには
一度甘く煮たであろう蓮根を刻んだものが入っていましたが、
違和感なくおいしく食べられました。
Photo_7 

|

安富牧場【イチゴミルフィーユ】

Photo_3
大好きな安富牧場の【いちごミルフィーユ】
毎年、父にお中元で贈ってくださる方がいるのです。
無礼ながら、私がほぼ一人で完食させていただいております。
安富牧場のジェラートはかなり甘さ控えめなのでとても私好み。
牛乳嫌いの母には、少々乳臭く感じるらしい。

セットで来る【中山金桃、清水白桃】もおいしいのですが、
ついつい【いちごミルフィーユ】に手が伸びてしまいがち。
ミルクジェラートにパイ生地、イチゴソース、ベリー。
ジェラートとパイの組み合わせがたまらなくツボです。
私のアイス・ジェラート部門No.1は、揺るぐことなくコレ。

足守の安富牧場に行けば、
いろんな種類のジェラートに出会えますよ。
Photo_4

|

【柿 氷】

Photo
かき氷熱が高まっている今日この頃ですが、
こんなかき氷を実家の冷凍庫で発見!テンション上がりました。
ナイス・ネーミング。
名づけた方とお友達になりたい。

市田柿を完熟させて冷凍した【柿氷】
自然解凍して表面が溶けてきたら、いただきます。
(レンジに30秒かけてもよいらしいけど、
外側だけ変に溶けるので自然解凍の方がよさそうでした。)

「つるっ」と入って、食感は「シャクッ」。それから「とろ~」と、溶けていきます。
砂糖や添加物など入っていないので、甘いけどさっぱり。
柿嫌いの方でも食べれそうなくらい、おいし~ぃ。
ほんと、おいし~い。
2_2 

|

おまち堂【かき氷】

Photo_2 
シロップにも氷にもこだわっている
おいしいかき氷のお店が岡山にもありました。
福浜にある【おまち堂】です。
(問屋町にも支店があるみたい)

いちごミルクとバナナミルク、それからすももを頼んでみました。
(写真はすももとバナナミルク)
おまちの湧水からできた氷に、
果実のシロップや練乳、
フルーツがごろごろトッピングされています。
氷はふわふわでかるく、すぐ溶けてしまいます。

我が家の一番人気はバナナミルクでした。
少し溶けたところをシャクシャクっとスプーンで崩して
食べるとフラペチーノのよう。




|

Six【加藤 泉】

R0014650
コム デ ギャルソンが運営する南船場のアートスペースSixにて開催中の
【加藤 泉 『はるかなる視線』】を見てきました。

好き嫌いは別といして、すごく衝撃的。
既成概念に囚われている私には、
どう解釈していいのかわからなかったけど、
「なんだったんだあれは???」と、
考えさせられるとてつもないパワーを持った作品でした。

|

【今日もかき氷】

R0014634
蒼井優ちゃんの【今日もかき氷】を買いました。
〈Casa BRUTUS〉連載の【蒼井優・春夏秋冬かき氷】の記事は小さいので、
然程、心揺さぶられることはありませんでしたが、
この本では、ページいっぱいにかき氷と笑顔の優ちゃんが載っているので、
ながめていると、
「ぬぉ~!!!かき氷が食べたいぜっ!」と、なります。

おいしい氷とおいしいシロップのかかった
店主のこだわりかき氷、食べたいな~。

大阪だと千林商店街の【角屋】に行ってみたい。
ソフトクリームが乗っかったかき氷に惹かれるなー。

|

北見ハッカ通商【ハッカ油】

R0014635
お風呂に数滴たらして爽快になろう!と購入した【ハッカ油】
虫除けや、虫刺され、肩こりに、といろいろ使い道があるらしい。

だけども私の使用方は、
『ひたすらハッカの香りを口から吸う』のみ。
気管がスーゥとしてすっごく気持ちいい。
気管支喘息持ちなもんで、、、
医学的にOKかどうかはわかりませんが、咳は治まります。
まだ試してはいませんが、ハッカ水を作って飲んでみるのもアリかも。

街中でもしらーっとハッカ油を取り出して、
スースーやっておりますよ。
はい、間違いなく怪しい人です。

|

【岡山の桃】

R0014652
「桃が食べたいな~、
高くて買えないな~、
お父さんが送ってくれないかな~。」
と、果物コーナーでつぶやいていたら、
翌日、父から桃が送られてきました。
ナイス父さん、いつも私の胃袋を満たしてくれてありがとう。

岡山の桃は、清水白桃。
白桃がずらっと並ぶ姿、萌えます。
クリーム色にほんのりピンク、眺めていると笑みがもれます。
あまーい香りも漂ってくるし、魅惑の果実だと思われます。

岡山っ子なら、白桃とマスカット(ぶどうも含む)を愛するのは当たり前。
私、白桃一筋30年なので、
生まれて此の方、黄桃を食べた記憶がございません。
これからも白桃一筋で参ります。








|

サロン・ド・テ ルピシア【モヒート風緑茶のテ・グラッセ】

Lupisia
最近ではめっきりルピシアの茶葉を買うことはなくなってしまいましたが、
ルピシアの緑茶や烏龍茶にフルーツの香りをつけたものは結構好きです。

なので、この日も紅茶ではなく【モヒート風緑茶のテ・グラッセ】
なるモノを注文しました。
グレープフルーツ風味の緑茶に、ライム、ミント、ソーダ。
これ、かなり好みでした!おいしい、夏に最適。
家でも作れないかと、ルピシアのHPを見てみたらレシピが載っていました。
おっっ、意外と親切。
サロンの人は無愛想だけど。

Photo

|

【髪を切った】

Photo
風通しよくツーブロックにしてもらいました。
男前。決してヤンキー風ではございませんよ。

男前だと思っていたカットしてもらっている美容師さん、
お洒落めがねをはずしたら、そうでもなかった。
男子のお洒落めがねは、女子のマスカラぐらい威力があるかも。

|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »