« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

THE WESTIN【ロビーラウンジ】

Photo_2
『たまたま』の上映時間までに時間があったので
ウェスティンのロビーラウンジでお茶してみました。
普段ならこんなところに入ってお茶はしないのだけど、
雨で移動が面倒だったので。

マリアージュフレールの代表的な紅茶を数種類扱っていました。
マルコポーロにしようかと悩んだものの、
結局私はローズヒップのハーブティーに。
このお茶の名前は『フォー・ビューティー』
オーダーでこの名前を口にした時、ちょっと気恥ずかしさを覚えました。
堂々と”ビューティー”を連呼できるよう、磨かねば。
できれば、蜂蜜を一緒にサーブして欲しかったな。

座り心地のよいソファーとゆったりした空間でくつろげましたが、
ドリンク1300円~の料金設定なので
今後、行く機会はなかなかないだろうね。

|

【たまたま】

Photo
蒼井優×シガー・ロス×アイルランド、
なんて素敵な組み合わせなんだ!
と、梅田ガーデンシネマに見に行ってきました。
上映時間は1時間、料金は1000円でした。

何度かうつらうつらしてしまった・・・。
こういう芸術映画風情の作品は、はまらなかった時はひたすら眠い。
冒頭から優ちゃんが何を演じているのか明確にしてくれていたら、
もう少し引き込まれたかもしれないのだけど。

記憶に残ったのは、アイルランドの灰色の空と黄色い太陽。
私の中でシガー・ロスの音楽は、
「曇った空を割り、射しこんでくる太陽の光」のイメージなので
映像と音楽は、とても合っているように感じました。

まぁ、夢うつつで鑑賞した人の感想なんて
当てになりませんよね。

|

だんな作【芋ようかん・・・みたいな】

Photo
だんなさんがサツマイモをたくさんもらってきてくれました。
つる付き、土付きの掘りたてのお芋です。

だんなさんが急に思い立ち「舟和越えしてやるばい」と、
芋ようかんを作り出しました。
彼は紅茶をいれる時、
ホットケーキを焼く時以外、キッチンに立つことはないのに。

で、調理過程は不明ですが、
芋ようかんモドキが大量に出来上がりました。
お芋のポテンシャルの高さはさすがですな。
おいしくいただけましたよ。
写真は、バターで焼いた芋ようかんモドキ。
スウィートポテトのような味わいでなかなかいけます。

お皿は、先日まとめ買いした小石原ポタリー。
写真写りはいいように思うのですが、
持った感触とか軽さがイマイチ好みではない。

|

The tee by MLESNA TEA【キャラメルアイスドルチェ】

_
HERBIS PLAZA B1Fのムレスナにて、
キャラメルアイスドルチェと紅茶のセットをいただきました。

キャラメルティーのシャーベットの上にバニラアイスがコロコロしている
キャラメルアイスドルチェは、
一緒にサーブされた牛乳を好きなところで注いで、
シェイク風にして食べる(飲む?)こともできる、
1個で2度おいしいデザートでした。
特にシェイクは目を見開くおいしさ。

うむ、これはお家でも作れるかもしれないな。

|

au temple du gout【ケーキいろいろ】

Photo
お久しぶりのグゥのケーキ。
相変わらず巧妙かつ端麗なケーキです。

だけど、左のキャラメリゼされたケーキからは花火の味が・・・。
焦げくさいのとはちょっと違う、火薬っぽい匂い。

「ここ食べて!めっちゃ花火臭~」
「いや、こっちの方がすごいって!」
「うわっ!口の中で打ち上がった!」
と、きゃっきゃっ言いながら、
このケーキで散々だんなさんと楽しんだので、いいんですけどね。
なんでしょうか、失敗だったんでしょうかね・・・。
全体的に甘くなったような気もするなぁ。

|

かんのや【ゆべし】

Photo
全国各地に様々な【ゆべし】があるらしいのだけど、
これは福島のゆべし。柚餅子じゃないのだ。

ほんのり醤油風味のゆべし生地がすんごくおいしい。
中のこしあんの甘さをもう少し控え目にしていただけると
私的には大満足なんだけどなぁ。
このゆべし、端っこが三ヶ所ある「はしっこ好き」にはうれしい形状。

|

ITOEN【ナタデココヨーグルト味】

_
久しぶりに飲みました。時々飲みたくなるのです。
それなりにおいしい。
「これをヨーグルト味と言うのか?」とは思いますけどね。

ナタデココドリンクが、
「お~いお茶」に継ぐ伊藤園のヒット商品だと
伊藤園で働く子に聞いたことがある。
ほんとかしら?と思うのだけど、
なかなかのロングセラー商品なのは間違いないな。

|

【モテキ】

_   
【モテキ】公開初日に見てきました。
Perfumeと森山未来のコラボ最高!!
【フィッシュ・ストーリー】といい、【モテキ】といい、
身体能力の高さを必要とするシーンでの森山未来は、
頭の先から爪の先までキランキラン輝いています。
この人、手抜きなんてしないんだろうな。
是非、ジャッキー・チェーン並みのアクション映画で主演していただきたい。

そして、劇中での音楽の使い方がツボでした。
私はサブカルくそ野郎なのでしょうね。
FishMansの【いかれたBaby】に心くすぐられました、名曲だ。
橘いづみの【失格】が流れた時には笑ってしまいました。
高校の頃カラオケで熱唱していた記憶が・・・懐かしい。

30台前半、ちょっとサブカルより、の方はきっと楽しめるはず。
それ以外の方は微妙かも。

あ、長澤まさみの可愛さは確かに殺人級でしたよ。

|

PANE PORCINI【ストロベリーラスク】

Photo_2
一見、ギモーブのように見えますが、ラスクです。

勝手に【ファンシー☆ラスク】と命名しました。
地味なルックスが主流のラスク界において、
珍しくかわいらしいラスクです。キューブ型なのもいい。
苺パウダーがたっぷりみっちりかかっていて、甘酸っぱい。

大人になってしばらくしてから、いちごフレーバーが好きになりました。
子供の頃は”いちご=かわいい”のイメージに囚われ過ぎて口にすらしなかった。
なんだそのひねくれ方は?って感じなのですが・・・。
とりあえず、歳を重ねて素直になってきたようです。




|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »