« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

DAD'S【ROOT BEER】

Root_beer
アメリカで人気の飲み物、ルートビア。
スヌーピーも好きらしい。
ビールと言ってもアルコールは入っていません。

見た目はコーラと同じ、茶色。
味は葛根湯と同じ、甘草(リコリス)等の漢方の味。

ルートビア好きな人って風邪薬をおいしく感じるのだろうか・・・

|

a la campagne 【タルト・メリメロ】

Photo_3
先月の入院前日に食べたアラカンパーニュの【タルト・メリメロ】
(写真:左から2番目)
タルトはやっぱりキルフェボンが一番ね、と思うのですが、
アラカンパーニュの【タルト・メリメロ】も大好きです。
これは、アラカンパーニュの中で格別においしい。

思えば、
アラカンパーニュで初めてタルトケーキのおいしさを知った気がします。
大学進学で岡山から出てきたばかりの私には感動的なおいしさでした。
「さすが神戸!」って思いましたもん。
スポンジケーキがあまり好きじゃなかったので尚更。

なんだか大学時代の甘酸っぱい思い出が蘇るな・・・。
あまり学校に行っていなかったので大学っていうより
バイト先での思い出ばかりなんだけどね。





|

CONSENT MARKET【プレッツェル】

Photo_2
夙川にあるコンセントマーケットのプレッツェル、
コンディのプレッツェルより少し軽い感じ。
お塩が利いていてなかなかおいしい。
100円程で買えるのもうれしいな。

宮っ子友達がパンの話になるとと必ず
ムッシュアッシュ→コンセントマーケットの流れを熱く語りだす。
そして「結局、夙川なんやっ!」でまとめる。
そうね、なにかとおいしいものは夙川にあるもんね。
お金のあるところにおいしいものも集まるんだろうねぇ。
私は時々、外から寄せていただきましょうかね。

|

AKAITORI【かぼちゃのココア】

Photo
ここ2、3日、
少し前にAKAITORIで飲んだ【かぼちゃのココア】が飲みたくってムズムズしています。
クリスマス寒波による寒さのせいなのか、”ほっこり”を求めています。

かぼちゃのココア、想像より遥かにおいしいですよ。
ちょっとポタージュスープのようなポッタリ感があって、
後口にほんのりかぼちゃの風味とざらつきを感じるスープのようなココアです。

両側に持ち手が付いたスープカップで出してくださるのですが、
コレ、両方に指を通して飲むのが正解なのでしょうか?
それとも利き手がどちらでもOKよ!ということなのでしょうか?
とりあえず、両側を持って飲んでみましたが、
たぶん、ぜんまい仕掛けのような動きになっていたと思われます・・・。

| | トラックバック (0)

【エルベランのクリスマスケーキ】

Photo
クリスマスケーキは、正統派なエルベランのショートケーキを。

真っ白でスーっと真っ平らなケーキの表面を眺めていると、
新雪を目の前にした時と同じ衝動が!
思わずフォークをブスッ!ふぅ~快感・・・。
なんなんでしょう、この気持ちよさ。
この勢いのまま切り分けることなく、ホールのままいかせていただきました。

シンプルであっさり口当たりがよく軽いので、
フォークを持つ手が止まらない、大変危険なケーキでした。

飾りのサンタって大人になっても皆、食べるのでしょうか?
我が家のサンタはまだ残りのケーキの上にのっかています。
どうしましょう。

|

【Merry Christmas でした】

Xmas
クリスマスは「チキンを食べて過ごす日」だと思っているので毎年こんな感じ。
(テーブル小さいな…大きいの欲しいなぁ)
ランチでもディナーでもなく、
だんなさんと二人ダラダラこれらを半日つまみ続ける・・・
まさに、色気より食い気。品数少なく、量多い。
(さすがに完食はしていません。)
ん~、幸せ。

だんなさんからお花とキャピタルの靴下をいただきました。
今一番もらってうれしいものはちょっといい靴下。
お花はドライフラワーにして長く楽しみます。
Xmas3_2 

|

コメダ珈琲店【シロノワールとシナモンティー】

Photo
コメダ珈琲のシロノワール、有名なので食べてみました。
さくらんぼが飾ってあり食品サンプルにしやすそうなチープな姿がいいなぁ。
喫茶店ってかんじだなぁ。
特別おいしいわけじゃないけど、結構おいしい。
シロノワールとは19歳くらいで出会いたかった。
そうすれば、もっと楽しめただろうな。

一緒に頼んだシナモンティー、シロノワールにすごく合いました。
珈琲より合うはず。

飲み物を頼んだら付いてくる豆。なぜ豆?
おじさんが喜びそうだなぁ。喫茶店ってかんじだなぁ。


|

【クリスピー・クリーム・ドーナッツ】

Kkd
初クリスピー。
一番人気のオリジナル・グレーズドを、パクリ、パクリ。
二口で満足。
おいしいと思うけど、二口で満足。
私はやっぱり日本の田舎娘なのだわ、と心底思う。
このドーナツは私にはリッチでハイカラ過ぎた。

いつも仕事からの帰宅が遅いだんなさんは
夜ご飯を食べ、午前0時を回った頃KKDにありついた。
2個バグバグっとたいらげた。
「俺にはアメリカの血が流れとるばいっ!」
そうでしょうなー。

ドーナツを食べる時の脳内ミュージックはいつだって
【Love Me Tender】エルビス・プレスリー。
「エルビス・プレスリーはドーナツの食べすぎで死んだ。」
と言われるくらいドーナツに溺れていたらしい。


|

【麻布かりんと】

Photo_5
ちょっとしたお礼に【麻布かりんと】を渡すのがマイブームです。
さいとうさんからいただいたのがきっかけ。ありがとうございます。

種類が豊富なので、
その中から渡す方の好みそうなものを選ぶのが楽しい。
そして、渡した後の反応がとってもよいのです。
ただの「おいしかったわ」ではなく、
皆「○○○○○でおいしかったわ。」と感想を述べてくれます。
これは、ほんとに喜んでもらえた証拠でしょう。
特に、【野菜ミックスかりんと】と【きんぴらごぼうかりんと】は
野菜のそのものの味がしていて珍しいので好評です。
それから【芋かりんと】は細くて食べやすいので、
手が止まらない”危険なおいしさ”とのことです。

|

一心堂【苺大福】と福田屋【みかん、ラフランス大福】

Photo_3
こちらも高島屋(銘菓百選)で見つけました。
「一心堂の苺大福だ!」とテンション上がり、
じっくり見ることなく横に並んでいたみかん大福とラフランス大福も
一緒に買ったのですが・・・こちらは一心堂ではなかった。
福田屋というところのものでした。

だんなさんにはボリュームのあるみかんとラフランスをあげ、
私は待望の一心堂を!と目論んでいたのですが、
大福を見せた瞬間「オレ、い~ちごっ♪」と、速攻とられてしまいました。
しかも、みかんとラフランスは「いらんっ」と一言。
巷で人気の一心堂の苺大福は相当おいしかったらしく、
大福食べながらだんなさん、小躍りしておりました。
私はしんみりとみかんを食べたのですが、白あんが甘ったるく感じました。
いや、気持ちの問題でしょうかね・・・。
Photo_4

|

すや【栗きんとん】

Photo
久々の更新になりました。
ちょっと入院し手術などを受けたりなんかしていたのでね。
大した病気ではないのですが、
悩んだり、耐えたり、緊張したり、興奮したり、羞恥心を捨ててみたり、
と、私なりに頑張ったので自分へのご褒美を・・・

すやの「栗きんとん」!!


栗と砂糖のみで作られているので体にも優しいだろう、と。
シンプルなお菓子なので「素朴な味わい」と言われているけれど、
存分に栗の風味を満喫できるので、私の中では
「とても贅沢で上品なお菓子」。
少し甘めな気はするのだけど、嫌な甘さではなく、すっと消えます。
栗の粒が残っているのがいいね~、うれしいな~。
箱も老舗らしく渋くて素敵です。

これ、難波の高島屋の「銘菓百選」コーナーで買いました。
最近、高島屋の銘菓コーナーが私の中で熱い!
阪神より私をワクワクさせるお菓子が豊富。
只今、ここに寄り道するのが通院道中の楽しみになっています。
Photo_2

|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »